主宰・富田ゆか|プロフィール・メディア掲載・活動アーカイブ

店内イメージ
富田ゆか(とみた・ゆか)プロフィール

1975年生まれ
アロマセラピスト&インストラクター
Stillaアロマテラピースクール アンド サロン
(NARD JAPAN認定校)
主宰

◆略歴◆
2007年より活動。フランス式メディカルアロマのNARD JAPAN認定校として、アロマ・アドバイザー資格取得者を多数育成。オリジナルの講座・ワークショップ等もスクール内外で開催する。また、施術や相談などのパーソナルなアロマの癒しのサロンワークも行う。
30~40代女性向けのライフスタイルメディアを中心に、アロマ関係の記事執筆や取材協力の実績も多数。

◆ライフワーク◆
アロマテラピーを通じてストレス社会の中でも「自らを癒せる人」を増やすこと。
おひとりおひとりに内在する「しなやかに生きる力(自己治癒力)」を育み、「その方本来の輝きのある人生に繋がるアロマテラピー」を広めることを使命に、東京都渋谷区代々木を拠点に活動中。

◆その他◆
お気に入りの言葉は「包丁一本、さらしに巻いて」。共感する思想は「自灯明」(禅語)と「汝、自らを癒せ」(フラワーエッセンス創始者 エドワード・バッチ博士)。好きな動物は、雀と孔雀。好きな食べ物は、餡子。もしも違う人生なら、インディー・ジョーンズのように生きたい。

富田ゆかのSTORY

1998年に大学卒業後、トランスコスモス(株)、エイベックス・グループ・ホールディングス(株)で役員秘書や採用・研修の仕事に携わる。
しかし、次第に「自分の人生で本当に果たすべきことは?」という想いが強まり、2005年の結婚を機にフランス式メディカルアロマテラピーの世界への転身を志す。

資格取得を経て、2007年にアロマのインストラクター活動を開始。

2008年2月、夫の仕事の関係で当時暮らしていた香港の自宅で「Stillaアロマテラピースクール」を立ち上げる。

一児を出産した翌年の2011年10月、渋谷区代々木にスクールを移してNARD JAPAN認定校の活動を開始。

一方、時期を同じくして夫がALS(筋萎縮性側索硬化症)に似た原因不明の難病を発症する。育児と仕事とともに、夫婦での必死の闘病・介護の日々が始まる。

2013年の春、自宅介護の夫を看取る。享年39歳。

夫と過ごした最期までの濃密な日々とその後の体験、そして激動の中で常に自分たち家族を支えてくれたアロマテラピーの癒しの実体験から、深い気づきと強い印象を様々に得る。アロマ人生に大きな影響が与えられる。

資格取得を経て、2015年より施術(アロマトリートメント)も開始。

2017年7月、「Stillaアロマテラピースクール アンド サロン」にリニューアル。

その後のSTORYは、ブログでどうぞ。(2017年9月23日開設)

コンセプト「人生が変わるアロマテラピーを、あなたに。」

富田ゆかのアロマテラピーの世界観

人生を変えるほどの「真の癒し」に通じるアロマテラピーには、大きく三つの層「大自然と触れ合うこと/香りを感じること/身体に取り入れること」から総合的・包括的にアロマテラピーを実践する必要があるととらえています。
それは、私たち人間が「霊性/精神性/肉体性」をもった重層的な存在であり、アロマテラピーのアプローチもそれぞれの層で対応が異なると考えるからです。

尚、三層のボトムにある「体に取り入れること」に特化したアロマテラピーは、フランスやベルギーで発展を遂げているフランス式メディカルアロマテラピーの理論と技術が最も適切と考え、富田ゆかは知識・技術面の基盤を専門性の高いNARD JAPANのフランス式メディカルアロマテラピーに置きます。
その上で、「香りだけ」もしくは「成分だけ」に偏らない、本当の意味で「ホリスティック(有機的・総合的)」な自然・植物療法としてのアロマテラピーを追求しています。

コンセプト「人生が変わるアロマテラピーを、あなたに。」

アロマテラピー資格

  • ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)認定 アロマ・セラピスト
  • ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)認定 アロマ・インストラクター
  • 日本アロマ環境協会(AEAJ)認定 インストラクター


メディア掲載・取材協力


主な活動アーカイブ
このエントリーをはてなブックマークに追加