❝冷え改善❞フランス式メディカルアロマのブレンド作りで押さえておくべき「精油選びのポイント」

こんにちは!
Stillaアロマテラピースクール アンド サロンの富田ゆかです。

今回のテーマは❝冷え改善❞。

今やこのお悩みは、女性ばかりでなく、
男性や子どもたちの間にも広がっているのだとか!

 

慢性的な❝冷え❞はフィジカル&メンタル、
様々な要素が絡みます。

 

フランス式アロマの精油ブレンドで
「<心も身体も>まるごとポカポカ温まる」。

そんな素敵なセルフケアがお家で実現できるようになると、
冷えが気になる季節も、もっと軽快で健やかな体調に整いますよ。

さて、

フランス式メディカルアロマで
❝冷え改善❞のブレンド作りを考える時、

精油選択で押さえておくべき大切なポイント

があります。

それは、

「主に下記の5つのカテゴリの中から、
自分の心身のコンディションに必要なカテゴリを
複数またいで精油を選び、
ブレンドする」

ということ。

  1. <血管や血液に働きかける(血行)>
    レモングラス、マジョラム、シナモン・カッシア、ウィンターグリーンなど。

  2. <リンパ系に働きかける(体液)>
    サイプレス、ジュニパー、ヒマラヤスギ、マンダリン、グレープフルーツなど。

  3. <静脈系に働きかける(血行)>
    パチュリー、サンダルウッド、ベチバー、ヘリクリサムなど。

  4. <筋肉系に働きかける(こり)>
    ローズマリー・カンファー、ラベンダー系(アングスティフォリア種、スーパー種、スピカ種)、ラヴィンツァラなど。

  5. <神経系に働きかける(緊張感・自律神経失調)>
    マンダリン、ベルガモット、プチグレン、マジョラム、イランイラン、ラベンダー・アングスティフォリア、リトセア、サイプレス、ジュニパー、バジルなど。

※精油は、それぞれに禁忌や注意が異なります。
※身体に用いるブレンドを作成する際には、予めご使用の精油の特性や禁忌・注意等の情報をご確認ください。

 

今のご自身にとって、
「ここを大自然の力で後押ししてもらいたいな・・」
そんなふうに気になるカテゴリがあれば、
その中からお好みに合う香りを持つ精油を選んでみましょう。

全体の香りが「大好き!」と感じるブレンドに仕上がれば、
それが、今のあなたのために最高の精油ブレンドです。

フランス式アロマを楽しんで!

 

♡フランス式アロマのレッスンやパーソナルなアロマのご相談等は
Stillaアロマテラピースクール アンド サロン主宰・富田ゆかまで
お問合せください。
⇒ お問合せはこちら。

 

↓クリックしてこのブログを応援↓


人気ブログランキングにエントリーしています。
応援のクリックをお願いします♪


Stillaのフランス式アロマのクラフト&レッスンを体験してみませんか?
「無料体験&NARD認定コース開講説明会」へどうぞお気軽に♫

Stillaは、NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)認定アロマ・アドバイザー校です。
当協会カリキュラムアロマテラピーベイシック(全5コース)と資格対策のアロマ・アドバイザーコースを随時開講しています。

■1月-3月のご案内|【無料体験&NARD認定コース開講説明会】~見つけよう!あなたの人生を変える、フランス式アロマの学び方~

・1/28(日)10:00-12:00
・2/4(日)10:00-12:00
・2/10(土)15:30-17:30
・2/16(金)10:00-12:00
・その他日程あり。

⇒詳細・ご予約は、<こちら>をご覧ください。

Stillaアロマテラピースクール アンド サロンは、
渋谷区代々木・明治神宮の西エリアにあるNARD JAPAN認定校です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です