毒抜きハロウィン!あなたの中の、魔物を笑い飛ばそう。

 

あと数日でハロウィン!
街がオレンジ×ブラックに染まっていますね~。

 

私が子どもの頃はそんなおしゃれな風習(?)はなかったので、
正直、クリスマスのような実感値はありません。

 

ですが、周囲というか環境の圧力に押される形で、
最近はじわじわと取り込まれてきている気がします。

 

もともと、ハロウィンは古代ケルト人の暦の大晦日です。

 

暗くて深い闇のような冬に入りゆく11月1日を
1年の始まりに置いたところをみると、

 

古代ケルトの人々が、
外界が雪に閉ざされる冬の間の、
精神が内側に豊かに広がる世界を
重視していたのだろうと感じます。

 

その切り替えポイントにあたるハロウィンは、
ある意味、異界との境界線があいまいになるタイミングです。

 

繋ぎ目としての脆さがあるから、当然お化けもわいてくるよね!
というあっけらかんとしたなノリ、
むしろ魔除けになりそうな気がします。

 

日本でも、昔から「笑い」は魔除けでした。
そういう意味では、
ハロウィンのふざけたホラーも、
案外、不謹慎ではないのかも!

 

闇でうごめく謎の正体は、
つきつめれば、自分自身の影の成分です。

 

普段、自分の殻の内側に押し込んで隠せば隠すほど、
それは恐ろしい形相に肥大して現れてきます。

 

どんな目を背けたいものに出会っても、
いったん素直に認めてしまいましょう。
これは自分の成分なんだって。

 

ここで突っぱっても仕方がない。
怖がっても逆につけあがる。

 

そういった一人一人の中にある毒っぽさの浄化も、
ハロウィンの本質的な要素にあるはずです。

 

それぞれの人が内面をクリアにしてから、
新しい一年を迎えよう。
そんな感覚もあるのでは、と。

 

なぜなら、それらの毒は、
内側に向かう冬の間の
個を超えた深い集団意識に溶け混むには重すぎて、
足かせになるものだから。

 

ところで、日本人は「反省」はとても得意ですよね。
多くの人が、その行為に割と馴染んでいるというか。

 

美徳につながる面もありますけれども、
しかし「反省」はし過ぎると、
それはそれで弊害があります。
自分の中の影の要素が強まります。

 

だから、ハロウィン的な「毒抜き」には、
「反省」という方法は少し違うかもしれません。

 

そんな風に客観的にあれこれ意識をめぐらすよりも、
それをもっと「味わってしまう」くらいに自分の中に取り込んで、
消化してしまうくらいの方が、ここでは適切な気がします。

 

ちょっぴり荒療治だけど・・!

 

でも、結構大丈夫なものですよ。
自分の要素であれば、無毒化できます。
「消化」は「昇華」です。

 

さあ、もうすぐハロウィン。
自分の中の「影」「毒」の要素をたっぷり味わおう。

 

あなたの中の、魔物を笑い飛ばそう。
Happy Halloween!

 


 ●お知らせ●

先日、渋谷モディでの「赤いアロマコスメ作り」のワークショップを<初開催>してまいりました!

ありがたいことに、ご好評のレビューもたくさんいただきました~<m(__)m>♡嬉しい!

11月・12月も開催します。ぜひ下記ページ(外部リンク)をご覧ください。

娘の顔面打撲と傷の回復の経過、そしてアロマケア

昨日に続いて今日もナード・アロマテラピーセミナー二日目の

ことを書こうと思ったのですが、

ちょうど同じ時期に娘の怪我のアロマケアをしてきたので、

忘れないうちにこちらを先にメモしておきます。

 

こないだの連休中、

娘が代々木公園のサイクリングロードで

子ども用自転車から転倒してしまいました。

どうも、後ろからきた自転車に追突されたのだそうです。

 

私はナード・アロマテラピーセミナー初日で日中不在だったので、

子守をしてくれていた家族から聞きました。

 

傷と打撲、結構色々と派手にやりましたね・・。

 

これが、転倒当日10/8の写真。

傷と打撲の当日

撮影したのは、転倒してから3,4時間後くらいの頃です。

私が帰宅してすぐ撮影。

 

 

幸い、脳震盪など頭部の問題や骨折などはなかったのですが・・

ただ、顔面打撲はどうにもこうにも

インパクトがあります( ;∀;)

 

この写真の頃は、まだ青あざといっても色が薄くて

それほど目立ちません。

しかし、翌朝には内出血がかなり濃厚で青々としたあざとなり、

まぶたなどに腫れも出てしまいました。

お岩さんのような痛々しい顔の写真は、

可哀想でとてもとても撮れませんでしたよ・・。

 

応急処置のすぐ後から

メディカルアロマでケアをしてあげられていたら、

もう少し青あざやむくみは軽減していたかもしれません。

 

でも、大丈夫。

はやくキレイに治るからね。

 

その日の夜からアロマケアを始めること5日目、

こちらの写真が本日10/13。

ずいぶん回復してきましたよ!

傷と打撲のケア5日目

 

この間、連休があけて学校が始まった関係で、

日中にはアロマケアをしてあげられませんでしたが、

朝夜の一日2回、アロマケアをしました。

 

想像以上の傷の回復の速さです。

アザも青さが抜けて黄色くなってきたし。

子どもの新陳代謝の力もありますね。

もう少し、ケアを続けます。

 

今回のケアの具体的な手順は、

 

まず、KENSOティートゥリーウォーターで傷口を清浄。

 

そして、プラナロムのヘリクリサムの精油を1~2滴塗布。

そして、アルニカ油も適宜塗布。

どちらが先でもOK。

さらに、9月にこのブログで登場した「とびひケア」の

メディカルアロマ塗布剤も、薄くのばして。

 

ヘリクリサムは、血腫抑制作用を持つβ-ジオンという芳香分子を含む精油です。

フランス式メディカルアロマテラピーでは、

外科的な方面に対しては、打撲・内出血・青あざのほか

骨折などに非常によく用いられます。

また、アンチエイジング美容にもものすごくおすすめですよ。

(高濃度で精油を用いる場合のメディカルアロマのテクニックは、

正しい知識を持ち、必ずメディカルアロマに適した医療用グレード

の精油を使って実践します。)

 

アルニカ油も血液循環をよくして、

鬱血を取り除いてくれる植物油として有名です。

 

9月に作って使っていた「とびひケア」のブレンド剤の中には、

カロフィラム油という植物油も入っています。

この植物油は皮膚の感染予防や怪我の回復にも良いのですが、

クマリン化合物を含有し、

血液流動促進の作用も期待できる植物油です。

内出血やむくみのケアに、アルガン油と並びカロフィラム油も貢献します。

ブレンド全体でみても、

特に傷口の感染予防と傷口の皮膚組織の回復にすごく良いので、

今回のケアに転用しました。

 

↓クリック、ぜひお願いします↓


人気ブログランキングにエントリーしています。
応援のクリックをお願いします♪

 


 

♡フランス式の精油使いが活きた❝アロマクラフト❞を、楽しく身に付けていきませんか?~受講生募集中~
【Stillaで学ぶ、NARD JAPAN認定アロマテラピーベイシック各コース(ディプロマ有)】

NARD入門カリキュラム「アロマテラピーベイシック」の全5コースを、Stillaではこの秋から「コース単位で受講」、「コースフリー10回チケット」、「講師養成1日集中講座」の3タイプで開講します。

「講師養成1日集中講座」は随時開講です。「コース単位」「10回チケット」は、11月21日(火)から火曜日・土曜日、いつでも受講スタートできます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

Stillaアロマテラピースクール アンド サロンは、
渋谷区代々木・明治神宮の西エリアにあるNARD JAPAN認定校です。

【ナード・アロマテラピーセミナー2017】初日の感想(健康で元気なシニアライフを送るためのアロマテラピー)

今年も、ナード・アロマテラピーセミナー2017に参加してきました。

10月8日(日)・9日(祝)、東京会場の方です。

 

ベルギーから来日のドミニック・ボドゥー博士の講演、

今年のテーマはざっくりいうと、

初日が「高齢者のアロマ」で、

二日目が「皮膚疾患ケアのアロマ」でした。

 

実は、どちらも過去に何度も何度も

繰り返しお話しされてきたカテゴリです。

何せ、ボドゥー博士の来日講演は今年で

確か24年だそうですからね~。

 

しかし、たとえ同じテーマのお話を

過去に何度も聞いていたとしても、

 

やはり必ず参加したいと私が思うのは、

 

毎年毎年、必ず先生のお話にアップデートがあるから・・!

 

フランス式メディカルアロマテラピーは、

化学的&科学的な要素が多く取り入れられた

植物療法なんです。

 

精油やアロマケアに関する現代的な研究は、

まさに日進月歩。

 

なので、同じテーマのお話でも、
過去のお話に対する裏付け情報が増えるのは当然。
さらに、新しい知見ももたらされます。

 

その都度、ふ~む!と心の中で唸ったり、

そうか!と膝を打ったり。

 

2日間、朝から夕まで、みんな頭もペンを持つ手も忙しい。

本当に集中して過ごすので、結構ヘトヘトに疲れます。

でも、気が付けばあっという間に二日間が過ぎる、濃密なセミナーです。

東京だけで数百人のセミナーです。

集団のムードといいますか、いつも静かな熱気がすごいなぁと感じます。

 

 

初日のテーマは具体的には、

『健康で元気なシニアライフを送るためのアロマテラピー
-運動器系・消化器系・感染症・感情当への精油の利用法-』

というものでした。

 

高齢者のアロマケアというと、今までは割と「介護のアロマケア」

という切り口が多かったんじゃなかったっけ??

という印象が。

でも、今年は全体的にちょっと違いました。

 

いかに老いからくる心身の変化に柔軟に対応し、

QOLを保ち、

「ポジティブなシニアライフ」を過ごすために
有用に精油の力を借りてゆくか?

という点に焦点があてられていました。

 

その中でも、私があっと思ったのが、
なんと「ガン予防」に言及されたこと。

 

私が過去に博士のお話を聞いたり読んだりしてきた中で知る限り、

「ガンの予防」にはっきりと触れられたのは、

今回がたぶん初めてだったのでは?

 

だから、すごく驚きましたよ。

同時に、なんだか非常に感慨深かった・・。

 

というのも、ボドゥー博士もNARD JAPANも

色々な意味で発言は非常に慎重なのです。

ともすれば書店に並ぶ怪しげな健康本のように、

一般市民をセンセーショナルに煽るようなことは

絶対に、絶対に、言いません。

 

せっかくの長年の精油と臨床の研究が、
不用意な発言で曲解されたり、
誤解を招いたり、
変な問題に発展しないように。

 

こういったバランス感覚は、

特に医療系の研究分野で物事をオフィシャルに進める場合は、

欠かせないものです。

 

そんなこんなで、博士は今回にしても

「まだ臨床結果は出ていないけれども、その可能性として」

と断った上での言及でした。

 

でも、こういう表現でもセミナーでお話になるというのは、

それなりにラボでは色々と明らかになっている部分が

ここにきて出てきているんだろうなと。

 

候補の精油は、いくつかありました。

これはある程度長くNARDのアロマをやってきた人なら

まぁやはりこの辺りの精油か・・!と思う顔ぶれです。

 

抗酸化や免疫支援などとして、

ずっと重用されてきた種類の精油たち、

とでも言いましょうか。

 

いつものことながら、学ぶと学ぶほどに
精油たちはなんて奥深い力を秘めているのだろうと、
大自然の神秘を感じさせられます。

 

きっとね、私たち人類がどんなに頑張って、

大自然の神秘を明らかにしているつもりでも

そのごくわずかな表層をかすめている程度に

過ぎないんだろうなぁ・・

なんて思うわけです。

 

でも、それでも、あきらめてはいけないんですね。

 

人類は人類でできる能力をもって、

世の中に貢献する精油研究の努力を続けていかなくてはいけない。

 

研究者ではない立場の私が言うのは、

まるで外野みたいに聞こえるかもしれません。

私は私の立場で、

家庭でのアロマテラピー実践の研究というところから、

人にお伝えする努力をしていこうという気持ちでいます。

 

アロマテラピーをする人たち皆がそれぞれに、
それぞれの立場で全体に貢献しあえると良いですね。

 

過去によく私が聞いてきた「介護」においての

フランス式メディカルアロマのホームケアも、

もちろん非常に大切なことです。

 

心身の健康管理で具体的な助けとなる

素晴らしい「技術」でありながら、

ご本人と周りのご家族にとっての

深い深い「癒し」にもなります。

 

それぞれ人生の中でギリギリの心境になることが多い時期に、

根源的なところで私たちの感情や精神も支えてくれます。

 

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、

私自身の体験にも、

数年前に夫の看取りの時期がありました。

 

その頃、彼は30代の終わりで

まだ高齢者ではなかったけれど、

 

世代に関わらず、
要介護者の居る家庭において
精油の力がいかに大きな意義を持つものなのか。

 

その時期、心と身体に染み入るような感覚・印象で

私も様々に夫との体験から学ばせてもらいました。

 

さぁ、しかし。

 

今回はそういったこととはまた違ったステージでの、

高齢者が「よりよく」生きるための

フランス式メディカルアロマテラピーです。

 

健康も美容も「よりよく」というのが鍵なのでしょうね、

今の時代、そして今からの時代はますます。

 

高齢者に関わらず、

どなたもやはり病気になる前に、

いかに心身ともに健康を保つ暮らしを送るか。

 

ホリスティックウェルネスの観点があるかないかで、
人生の質や幸福度が違ってきます。
それは絶対に間違いない。
だって、日々の暮らしの積み重ねが、人生ですから。

 

アロマテラピー以外にも、

世の中には色々と健康と美容に貢献する

アクティビティやメソッド、療法があります。

必要であれば、そして適切な対応であれば、

医療も大切な選択肢です。

 

アロマテラピーは、それらと柔軟に組み合わせることができます。

 

さらに進んで、

「ホリスティック」と「クリニカル」な精油の両面を
十分に活かすことのできるアロマテラピーを求めるなら、


それは、フランス式メディカルアロマテラピーの範疇です。

 

一般的な香りを楽しむリラクゼーションのアロマテラピーでも、

色々な意味で、大きな「救い」になります。

ただ、「クリニカル」の部分はその範疇ではありません。

 

アロマテラピーの力に大きな魅力と可能性を感じて

実践してきた私としては、

「ホリスティック」と「クリニカル」の両立ができる

フランス式アロマが実践できるというのは、

やはり見えるところが全然違うなと感じるところがあります。

 

そもそも、どちらも精油が持つ本質的な力なのだから、
アロマテラピーを「香りだけ」もしくは「成分だけ」の
どちらか一方で閉じるというのは、やけに近視眼的に感じます

また、それ以外の観点の精油の可能性だって
まだまだたくさん眠っているのではないか?
という視点も、どこかに持っておきたいものです。

精油に託された大自然の癒しの力は、
決して薄っぺらく狭小なものではありません。

もっともっと奥深く、広大で、
驚くほどに繊細な優しさとともに、
圧倒的な力強さに満ちたものです。

 

色々と思うことや感じること、

そして、発見も多いセミナー初日となりました。

 

セミナー二日目のお話は、また次回にしますね。

 

↓クリック、ぜひお願いします↓


人気ブログランキングにエントリーしています。
応援のクリックをお願いします♪


 

♡次回は10/22(日)開催です。【無料体験&NARD認定コース開講説明会】~見つけよう!あなたの人生を変える、フランス式アロマの学び方~

NARDのアロマクラフトが学べる「アロマテラピーベイシック」や、資格取得の「アロマ・アドバイザーコース」をご検討中の皆さまへ。

単なる資格やディプロマを取るだけの学び方と、精油を自由自在に活用できる人になるための学び方は違います。
あなたはどうすれば、これから本当に大自然の癒しの精油を有用に活かして生きていけるようになると思いますか?
富田ゆかに疑問や不安をご相談ください。アロマ実習付きです♪どうぞお気軽に。

Stillaアロマテラピースクール アンド サロンは、
渋谷区代々木・明治神宮の西エリアにあるNARD JAPAN認定校です。

キャラ弁も作る日本人は、アロマクラフトだってお手の物?

 

 

StillaのHPに「アロマテラピーベイシック」という

アロマテラピー入門編カリキュラムのご案内ページを新設しました。

NARD JAPAN(ナード・アロマテラピー協会)のカリキュラムです。

 

 

ベイシックのカリキュラムは、

シリーズ第一弾の「フェイシャルスキンケアコース」が

NARDから発表されて間もない

2008年前後の頃から、

私も色々と講習会で活用させてもらってきました。

 

その頃のStillaは、まだ香港。

当時の香港は、日本では既におなじみだった

「アロマクラフト」(アロマコスメや香りのアイテムを作ること)

が学べるところがほとんど無くて、

こういったアロマクラフト講習会は、

日本人の方々にとても喜ばれた思い出があります。

 

香港はもともとイギリスの統治下でしたから、

アロマテラピーもそれなりに

色々なところで

見かけることは見かけたのだけど、

 

その頃は、アロマを学ぼうとすると

マッサージやアロマセラピストを養成する学校での

施術の勉強がほとんどでした。

クラフトは全然一般的でなかった。

 

ところで、つくづく、アロマクラフトって、

モノづくりが上手な日本人向きのものだなぁと感じます。

 

なんだか、どこかしら、

日本のお弁当作りの文化なんかも

うすぼんやり思い出しちゃったりします。

 

boxed lunchではなく、

BENTOとして注目を浴びる

日本の「お弁当」。

(JUDOみたい!)

キャラ弁も日本の技だし。

 

キャラ弁力は、

私は日本人の中で最下位ランクです。

何かが根本的に欠如している。

 

こないだの土曜日、

娘の小学校の学童に持たせるお弁当を作った時には

あまりの自分のキャラ弁力の無さに泣けました。

 

 

ファンシーなピックで取り繕ったものの、

娘には全く通用しませんでした。

(これは全くキャラ弁ではないとバッサリ)

 

話を戻します。

 

アロマテラピーベイシックは、

今はもう5コースとなっています。

  1. フェイシャルスキンケア(全7レッスン)、
  2. ボディケア(全6レッスン)、
  3. ハウスケア(全5レッスン)、
  4. バスリラック(全6レッスン)、
  5. ヘルスケア(全6レッスン)。

Stillaでは、これら5コース全30レッスンを

これからフル展開してゆきますよ~。

 

今までやってきた「コース単位」でお申込みいただくプランのほか、

コースの枠を超えて、スクールの開催スケジュールの中から

「受けたいメニューのレッスンに自由に予約して参加」できる

新しいご受講プランも登場しました。

 

良かったら、ぜひこちらのページでチェックしてみてくださいね。

 

クリックありがとうございます!
↓今日もよろしくお願いします~↓


人気ブログランキングにエントリーしました。
応援のクリックをお願いします♪